3月

春の気配とともに、

巷ではリクルートスーツに身を包んだ就職活動をする学生の姿を見かけるようになります。

どの会社に入れるか?

どんな仕事をするのか?

 

リクルートスーツに身を包んだ時の気持ちは

どんな気持ちでしょうか?

 

私は

仕事する相手を見つけることは

結婚相手を見つけることと

似ているのではないかなと思っています。

 

例えば、大企業への就職を希望する場合

イメージはもちろんその法人となりますが

大企業を相手に選ぶ時にどんなことを求めて就職活動をするのでしょうか?

・将来の安定性

・有名だから

・毎月ちゃんとお給料をもらえそう

大企業の場合、

配属される組織や人により

個々の人は異なりますので、個人的な性格とまでは言いがたいのですが

結婚相手だとしたら

(安定しそう、有名だから、お給料もらえそうだから)という条件で相手を選ぶとしたら、なんだかお見合い結婚みたいですね。

あなたと相性良さそうなのよ とか

家柄が釣り合っている とか

家族をよくわかっている方が紹介してくださるイメージ。

結婚当時は条件があっている、なんとなく良さそう。そんな感覚で決めてしまって

後から、じわじわと良さがわかってくる こともあれば

知れば知るほど性格が合わなかったということもあるでしょう。

その組織にいるからこそ見せる顔というのもあります。

そのぐらいの大家族の人と丸ごとお見合い結婚してしまったようなもの

一緒に過ごす人や役割を自分では選べない代わりに

元々ある生活やその組織での振る舞い方を一から教えてくれます。

 

そして

自分だけで選ぶのではなくて

お互いに選んで決めるというところも同じですね。

 

就職は恋愛ではなくて結婚。

やっぱり違ったなんて、すぐに決めずに

ゆっくり色々な面を時間をかけてみていけるといいですね