miraigakusha-top-002

 

一般社団法人笑い文字®普及協会の初級講師です。

初級講師の私は、皆さんに

文字講座(たった3時間で、全てのひらがな、漢字、アルファベットを笑い文字にできる「文字講座」)と

ありがとうの講座(90分で、笑い文字で心からのありがとうをかけるようになっちゃう講座をお届けしています。

 

わたしが笑い文字に出会ったのは2年前の5月。

わたしのコンサルティングのスタイルをつくるきっかけになった

マツダミヒロさんの魔法の質問認定講師養成講座の同期として

笑い文字の創始者、廣江まさみが参加していたことでした。

 

初めて会っただけの私たちに

笑い文字をどんどん書いてくれたのです。

その時のわたしは、

こんなにしてくれて「何を期待されてしまうのかな?怖い!」

という思いもありました。

受け取る力が弱かったなあと今は振り返っています。

 

受け取る力がなかったと自分で感じてしまっていたわたしが

なぜ?今、初級講師までやっているかというと

やはり、笑い文字の力だと思います。

 

『わたしなんて、、、、』と思っていても、

笑い文字を書いて渡し続けていると、ある時

『これをわたしに?!』と飛び上がるように喜んでくださる人に

出会います。

 

こんなのでいいのか?→こんなに喜んでいる!

こんな経験を繰り返していたら、まちがいなく自己肯定感は向上します。

自分自身に向かって、OKを出すことができることが増えていきます。

 

自分が書いたもので、喜ばれない姿を見たくない→置いて走るように逃げる

ことを繰り返していた私が、いつしか、笑顔で自分笑い文字を手渡しするようになる。

相手の顔を見て渡すかどうかを考えるのではなく、

自分が渡したいかどうかで行動できるようになる

 

笑い文字でこんな経験をしてきました。

私にとっては奇跡。

 

だからこそ、

これはいい!と伝えたくなるのです。

良さも悪さも

好きも課題も味わった上で

『やっぱりいいよ!』

 

教えたくなる講座を受講するのは

そんな意味があるように感じます。