今日は

{637C5D8D-58D9-466E-905E-52C0ED995EBF:01}

お友だちが出産して

離乳食食べないとか
乳離れできるのか?と不安になる様子をみて
懐かしく甘酸っぱい気持ちになりながら
どんな小さな赤ちゃんでも
『欲しくなければ受け取らない』ということはできているなぁと思いました。
離乳食をぐずって食べないのは、今は欲しくないのサイン
お腹がいっぱいなのか?
具合が悪いのか?
理由までは説明できませんが、
今は食べられない、食べたくないを伝えてきています。
産まれてすぐの赤ちゃんでもできる力
こんな当たり前の力を
持っていることを忘れていないかな?と
思うときがあります。
職場改善の相談を上司の立場の方から受けたとき
うまくいかない要因のひとつに
『わたしは伝えているのだけれど(やってくれない)』を
あげてくる方がいらっしゃいます
『もうなにをしていいかわからない(わたしはやるだけやったのに)』
そんな思いで、疲れ切っている方もいらっしゃいます。
そんなとき
『与えても受け取らない力』をもっていること
思い出してみましょう
これをやりなさいと与えるのではなくて
なんだろう?と興味をもつ
気づく
必要だ、欲しい!と思う
そんな自分自身で選びとること
やらないことも
やりたいことも
わたし自身は知っている。
『わたしがやりたいことはなんですか?』

—–