今日は

{52EC8F6D-357C-4304-80E6-39964FF32204:01}

こうなんだからこうして欲しい

これは相手への期待
声をかけてくれれば
わかるように教えてくれれば
仲間になっていたら
なんてね。
期待は
わかって欲しい気持ちの現れだから
言葉に出さないし
本人ではなくて他の人に言ったりするし
誤解も生みやすい
関係をつくりたいけれど、
相手から動いて欲しい
これって
(わたしは動かないorわたしは動けない)
という前提があったりしませんか?
だからこそ
『ここをこうすれば』という時に
(わたしは変わらないけど、あなたが変わって欲しい)というような
独りよがりがないか、
都合よく期待を使ってないか?
少し自分に問いかけてみたいと思います。
なぜなら
わたしの期待が
本当に相手のためになるなんて
勝手に決められないのですから。
『どんな期待に気づきましたか?』

—–