今日は

{AFAB694E-32E7-428A-B0AC-CE3F9474E519:01}

言葉のイメージも時代や使う人によって違うということ

知っていましたか?
『常識』という言葉に
あなたはどんなイメージをもっていますか?
どちらかというとわたしは
世間一般
みんながあたりまえと思っていること
そんなイメージでいました。
だから
常識を破る なんて使いかたも
していました。
みんなが同じように思うなんて
ありえない
ところ変われば
あたりまえは変わります
でも
明治の初め
渋沢栄一が語っていた頃の『常識』は
意味が違っていたようです。
今で言えば
ぶれない価値観
どんな国の人
どんな場面
巣素の自分でも
突然起こった危機でも
滲み出るアイデンティティ
国の政策で渡してはならないといわれたビザも目の前の苦しむ人を見殺しにはできない
常の見識
その場その場でころころ変わらないこと
そんなことを『常識』という言葉で表していたようです。
使う人
使う時代
使い方によって
言葉の意味は変わっている
だからこそ
言葉だけを一人歩きさせないで
人対人で確認していきたいですね。
ここまで書いて
なんとなく
絵本の『おむくんとむくん』を思い出したました。
『自分が大切にしたい思いはなんですか?』

—–