今日は

{E251C9A0-1B90-437D-9162-09AFFC8A6575:01}

友人との楽しい時間は

なんともいえず元気になりますね~
北海道や大阪からも集まって
久しぶりの元気な姿に
わたしもエネルギー充電です
さて
『思い込み』
今日はちょっと怖い話
交通事故で
目の前に車があるのに
停まっているのに
ぶつかりにいく
そんなパターンの事故があります
そんな事故を起こした組織に
再発防止会議に伺うと
だいたいきく言葉が
実はあるのです。
それは
『ありえない』
これは事故を起こした本人ではなくて
先輩や上司が、事故を見直しながらいう言葉なのです
『ありえない』
いえいえあり得るのです。
だってそんなあり得ない事故はもう事実として起きてしまっている
『あり得ない』と目の前の異常に目をつぶり
なにもなかったこととして対策を怠った
管理者の責任を自覚せずに
『あり得ない』事象として処理しようとする
そんな逃げの気持ちが『あり得ない』という言葉につながっている気がします
あり得ないと眼をつぶらずに
『あり得るね』とまず受けとめてみる
そんな一つの言葉を変えることで
『どうすればいいか?』が
浮かんでくるかもしれない
『どんな癖のついた言葉を変えていきたいですか?』

—–