今日は

{C0CDB51B-185E-4C4C-A596-30FCA8D221CB:01}

哲学者で

アドラー心理学を実践されている
岸見一郎さんの講演を
伺った時のお話し
いろいろ納得するお話しの数々でしたが、
特にわたしが共感したお話が、
カウンセラー自身が
対人関係の見本であれ
ということ
岸見先生ご自身が
いろいろおっしゃることの実践を
されてきたのがとても溢れていらして
体現する
見本になってらっしゃるなぁと
納得しながらお話しを伺えたのです
すばらしいですね‼︎
あまりの感動にその場では思いつきませんでしたが
もし今度お会いできたら
『見本になっているなと自覚はされていますか?自覚されたとしたら、いつどんなときですか?』を
伺ってみたいと思いました。
いろいろ学んだこと
いろいろ知ったこと
感動すればするほど人にも伝えたくなりますが、
伝えたいことを伝えると伝わるのではなく
誰から伝えられるかが大事といいますが
この『誰か』というのが
言葉で伝えるのではなく
その人の存在からわかる
『やっている/やってきた』なのだと
思いました!
これをやったほうがいいよ
というより
こうなりたいと思われるような
姿を見せられているか?
やりなさいと言い続けるより
そうなるようにするにはどうすればいいのですか?
そう思われるような
わたしらしい人生
こんな生き方もあるよね~と
わかりやすい人生
ああなりたい
こうなりたりたいと
仮面を被り続けずに
わたしらしい顔をつくっていきたい
そんな思いを受け取りました
『あなたはどんな人生を生きていますか?』

—–