嬉しかったこと

忘れないように書かせていただきますね
企業の安全衛生に関わって10年
やらせる
やらなくてはいけない
やらされる
そんなイメージだった安全衛生管理を
いかに
自主的自発的な活動にしていくか?
トップダウン
ボトムアップ
平行展開
いろいろ組織のしくみをつくりながら
援助しつづけたつもりでいました
ひとつの問題(?)といえば
あまりに自然に成長して無理なく変わっていくので
『自分で』やった気持ちになって
やらされてないので
わたしの支援は
『わかる人にはわかる』
ので
『わからない人にはわからない』
ということでもあるのです。
これは
役職が偉いからわかるとか
ではないのですね
今回
嬉しかったのは
だいぶ前に
初めて拠点長を任された際に
会議体の支援に行った際
『社員が意見を出す会にしたい』との相談に応えて
話しあう会議ができるようにしたことがあった方が
新たな組織のトップに行った際に
『一度来てもらわなくてはダメだ~』と
依頼に来てくださったこと
わたしの以前の支援に
『効果あり』と感じたからこその
依頼だと思うと
快哉を叫びたくなりました!
はい
わたし期待されるとがんばるタチなのです♪
『嬉しかったことはなんですか?』

—–