今日は

{906A9F71-A4C8-423B-B442-D7FFBFE9947D:01}

最近

月のカードの使い方講座を開催したり
シンギングボウルを奏でるようになったり
天文学に興味がでたり
今までの私では関心のなかった扉が
どんどん開いています
昨日
久慈倫太郎先生のお話をききながら
なんだか
わたしにはストンと落ちてきたもの
『人の細胞は水でできている
    言葉でもなんでも汚らしいものを使ったり聴いたりすると汚れてしまう』
これ
わたしがやりたいことに
すごく重なるなぁと思うのです
自分の細胞を
より済ませておくには
いくつか方法があると思うのです
①汚いものを入れない
②汚いものに汚れにくくなる
③汚いものを浄化する
①汚いものを入れない
自分らしく生きる
ということではないかしら
それぞれの細胞だから
どんなピュアなエネルギーでも
誰かのエネルギーだと
自分には異分子かもしれません
人がやれといったから
やっているのに
なにかしっくりこない
わたしが月のカードの使い方講座などで
セルフコーチングがまずできるようになっていただきたいと続けてきたのはこんな効果がありそうです
②汚いものに汚れにくくなる
これも
講座の三原則のひとつ
相手はそれぞれ正しい
だから違うと否定しない
相手にとって正しいことでも自分には違うことがある
受けとめるだけ
受け入れなくていい
この違いを体感していただきたいと
大切にしています
③汚いものを浄化する
わたしが
シンギングボウルで体感した
自分の細胞が
シンギングボウルのピュアな波動に共鳴して
なんだか
雑多なものが落ちてスッキリする
これも味わっていただくと
自分自身を
浄める
そんな気持ちが
伝えられるのではないかなと
思いました
体感していただける機会が
9/22と23に原宿であります
どちらも
別の内容と一緒ですが
味わってもらえることが
楽しみです

—–